よくある質問

Q 自宅のテレビでもモニタリングは可能ですか?

A 外部入力端子(ビデオ入力等)がついているテレビでしたら、どんなテレビでもモニタリングが可能ですただし、パソコン用のモニターではモニタリングできません。

Q 自宅のビデオで録画は可能ですか?

A 可能ですが、テレビ番組を録画する時と同様、長時間の録画は出来ません。120分テープを3倍モードで録ったとしても最長360分ですので、防犯用途で使用する場合は頻繁にテープ交換が必要なので不向きといえます。

Q CCTV(アナログ式監視カメラ)でインターネット遠隔監視は可能ですか?

A 可能です。アナログ信号をデジタルレコーダー内で一旦デジタル信号に変換します。

Q タイムラプスビデオとデジタルハードディスクレコーダーのちがいは?

A 大まかな違いとしてはタイムラプスビデオはビデオテープに録画し、デジタルレコーダーは内臓内臓ハードディスクに録画するということです。タイムラプスビデオは旧式タイプなので、既に製造をストップしているメーカーも多いようです。 機能的な違いは、デジタルレコーダーの場合、映像が劣化しないという事と録画画像を再生する際、検索が早いということです。他に録画時間が長い、静止画が綺麗などの特徴があります。

Q 何日くらい録画可能ですか?

A 自録画機器のハードディスク容量、圧縮形式、使用する環境によって大きく異なりますので一概に何日とは言い切れないのが現状です。圧縮形式がMPEG4、ハードディスクが500GBの場合で約1ヶ月ほど録画することが出来ます。

Q どんな種類のカメラがありますか?

A 外見で分類すると、スタンダードタイプの「箱型カメラ」、半球型の「ドーム型カメラ」、屋外用の「防滴・防水カメラ」、用途に応じて使用する「特殊カメラ」などがあります。 性能で分類すると、周りが暗くなると白黒撮影に切り替える「デイナイトカメラ」、赤外線で対象物を照射して暗視撮影をする「赤外線暗視カメラ」、遠隔地から角度やズームの調整が出来る「スピードドームカメラ」、LANケーブルに接続したらインターネット経由で遠隔監視が可能な「ネットワークカメラ」などがあります。

Q 監視カメラの機能について教えてください。

A カメラによって実に様々な機能があります。最近のカメラの標準機能としては、自動で光量を調節できる、自動で絞りを調節できる、などです。他には逆光でも撮影が可能な逆光補正機能などがあります。

Q 賃貸住宅でも取付けは可能ですか?

A 可能です。賃貸住宅の場合、配線が必要の無い無線式の防犯カメラを取り付けます。取り外し、取り付けが簡単なので移設の際も便利です。

Q 取付けは自分で可能ですか?

A 配線の仕組み自体はそんなに難しくありません。ビデオをテレビに繋ぐことが出来るくらいの知識があれば取付けは可能です。但し、配線を目立たないように綺麗に通す場合は専門の業者に頼んだ方がいいでしょう。また、無線式の防犯カメラの場合はドライバー1本(または両面テープ)で簡単に取付けが可能です。

Q 取付け工事の費用はどれくらいですか?

A 間取りや設置条件によって大きく異なりますが、目安としては設置料部材代合計、4台設置で8~10万円くらいです。あくまでも目安ですので条件によっては大きく変わるばあいもあります。詳しくは「お問合せ」のフォームでご連絡ください。

Q 取付工事の期間はどれくらいになりますか?

A 新築物件の場合は2~3日、既存の場合は1日で終わる場合が多いです。但し、大規模な工事やビルだったり、特殊な工事が必要な場合は数日かかる場合もあります。

Q 取付け工事は全国対応できますか?

A 全国に提携業者がありますので全国で設置工事が可能です(一部離島はの除く)。

Q 他社で購入した監視カメラの取付工事もお願いできますか?

A 申し訳ございません。他社様で購入された監視カメラの設置工事はお受け致しておりません。

Q 監視カメラの増設や移動もお願いできますか?

A 増設や移動も可能です。移動と増設で金額がほとんど変わらない場合もありますので、条件に合わせてアドバイスさせて頂いております。

Q 長時間留守にする場合の安全な防犯システムは?

A どれくらい長期間かにもよりますが、基本的には長期間の留守の場合は戸締りなどはもちろんですが、近所の方に様子を見てもらったり、ソフト面での防犯対策の方が良いでしょう。地域ぐるみ、もしくは近所つながりで防犯対策を考えることが一番効果的とも言えます。

Q 泥棒はどのようにして留守を見抜くのですか?

A 雨戸が閉じているかどうかを見たり、新聞が溜まっているかどうかを見たり、というのは昔のパターンのようですね。今ではインターホンを押したり電話をかけたりする場合もあります。居留守を使っている時に泥棒が留守と勘違いして侵入し、そのまま強盗に転じる(居直り強盗)場合もありますので注意が必要です。

Q 泥棒はいつ侵入するの?

A 主に夜間が多いと思われがちですが、昼過ぎから夕方にかけての時間帯も多いようです。

Q 泥棒はどこから入ってくるの?

A 一戸建ての場合は掃き出しの窓からの侵入が多いです。マンションの場合はバルコニーからと玄関のドアからが多いです。

Q どれくらい時間がかかると泥棒は侵入をあきらめるの?

A 一般的に、侵入に10分以上かかると諦めるといわれています。ですから、解錠に10分以上かかる鍵や、割るのに10分以上かかる防犯ガラスなどは有効的だと言えます。

Q 泥棒はどんなときに侵入をあきらめるの?

A 下見、もしくは犯行を予定している日などに、近所の住人から声をかけられて諦めたというパターンが多いようです。そう言った意味でも地域ぐるみで防犯意識を持ち、見慣れない人がうろうろしていたら声をかけたり警察に通報することが大切と言えます。

Q 戸建住宅の場合の泥棒の侵入経路と対策は?

A 主に掃き出しの窓からの侵入が多いので、予算が許せば防犯ガラスに替えた方が確実でしょう。しかし、非常に高価なものなので、防犯フィルムや補助錠を組み合わせて使うだけでも良いかと思います。ただ、防犯は数箇所を集中的に対策するよりも、全体的にまんべんなく対策することが大切です。

Q マンションの場合の侵入経路と対策は?

A マンションの場合は基本的に窓が少なかったり足場のないところに窓があったりするので、防犯対策に向いているかと思います。バルコニー側の掃き出しの窓を防犯ガラスに替えると良いでしょう。しかし、非常に高価なものなので、防犯フィルムや補助錠を組み合わせて使うだけでも良いかと思います。玄関の鍵交換などはドアの半分は共有部分扱いになるので管理会社の承諾を得る必要があります。

Q 保障期間はどれくらいですか?

A メーカー保障として1年おつけしています。その後にも不具合などございましたら極力無料でサポートさせて頂いております。

Q 保障期間を過ぎた商品も修理してもらえるの?

A 有償になりますが、修理は可能です。郵送して頂いて、修理が済み次第返送致します。

Q 修理の際の着脱料金や送料はどちらの負担になりますか?

A 保障はあくまでも機器に対しての補償になりますので、脱着に関してはお客様負担になります。ただ、配線まで終わっていればドライバーなどで簡単に取り外しができますので、基本的に業者を呼んだりする必要はないかと思います。

Q 他社で購入した防犯機器の修理は受け付けてもらえるの?

A 他社購入の修理も受け付けておりますが、メーカー次第ではお受けできない場合もございます。詳しくは弊社サービス窓口にお問合せください。(Tel/Fax 0422-76-7618)