防犯カメラの種類

名称 画像 機能
スタンダードカメラ 基本的には屋内に設置しますが、カメラハウジングに入れることによって屋外への設置も可能になります。
レンズ別のタイプの場合、用途に応じて別売りのレンズを用意しないと撮影出来ません。
ドーム型カメラ 威圧感を与えず、室内の景観を損ねないデザインのカメラです。基本的に屋内用のカメラが多いです。
天井に直接取り付けるため、カメラハウジングを必要としません。
赤外線暗視カメラ カメラのレンズの周りに赤外線LEDを装着しているカメラです。主に屋外などに使います。
赤外線暗視機能を搭載したカメラは光が全くなくても(0Lux)撮影が可能になります。周りが明るい時はカラーで撮影して、暗くなると自動的に赤外線を発し、暗闇に強い白黒撮影に切り替わります。
完全防水カメラ 規定時間内であれば水中での撮影も可能なほど防水に優れたカメラをさします。
雨が直接当たる屋外に設置する場合でも、カメラハウジングなどを必要とせず、そのまま設置できます。
小型カメラ ピンホールレンズなどを利用した小さなカメラです。
スペースを気にせずに設置することが出来ます。また、カメラの存在に気づかれずに監視、または管理するのに向いています。
センサーカメラ 前を人が通ると明かりを照らすセンサーライトと監視カメラの機能が一体になったカメラです。
その他、様々な機器と組み合わせて、サイレンを鳴らしたり音声通報をしたりも出来ます。