マンション防犯のポイント

マンションは、居住者のみならず複数の人が出入りするため、防犯対策上人の出入りを管理しなければなりません。通常の出入り口の他、非常口や郵便受け、エレベーターホール、管理人室ひいては屋上に至る通路まですべて監視出来るよう防犯カメラを設置しなければなりません。主な防犯システムのポイントは以下の通りです。

1.エントランスのカメラは入館者・退館者が記録出来るように設置しましょう。

2.各階のエレベーター前・エレベーター内に設置し、どの階で乗り降りしどちらに向かったのか把握できるようにしましょう。

3.駐車場には夜間でも撮影可能なデイナイトカメラが良いでしょう。駐車場の配置や環境によってはセンサーライトなどを併用することも有効です。

4.防犯カメラの映像は管理人室等で常時監視し、記録するようにしましょう。映像の録画には長時間記録のできるハードディスクレコーダーが良いです。また、管理人を置くことが難しい場合はネットワークを結び、管理会社等で監視業務を代行することも可能です。