立体駐車場防犯のポイント

都市部で活躍する立体駐車場の多くが、いまや24時間営業となり、深夜も人の出入りがあります。
近年、車上荒らしや、凶悪犯罪の舞台になるなど多くの事件が発生するようになりました。特に夜間は人の出入りが少なくなりますので、防犯カメラを設置して 犯罪を未然に防ぎましょう。

1.まずは料金精算機の監視をしましょう。精算機の開閉を感知し車や人の出入りを記録出来るように設置しましょう。

2.エレベーター内と、各階のエレベータ前には防犯カメラを設置し、人の流れを把握出来るようにしましょう。

3.夜間は赤外線カメラに自動的に切り替わる暗視カメラを使用しましょう。

4.複数階の監視が必要となりますので、ネットワーク利用し管理事務所で一括してモニタリングすることで素早い対応を可能にすることが出来ます。