倉庫防犯のポイント

倉庫は食品や貴重な商品を預かる重要な場所です。盗難だけでなく商品へのイタズラ等の被害も深刻です。面積が広いため、監視カメラだけでなく、フェンスや塀に警報機などの防犯システムを活用しましょう。

1.敷地周辺のフェンス・塀には出来るだけ死角をなくし不審者が侵入しにくくしましょう。また、赤外線センサーや防犯カメラを設置し、警報システムと連携して活用しましょう。

2.倉庫は多くの人が出入りします。出入り口には防犯カメラを設置しチェック出来るようにしましょう。長時間の防犯カメラの映像を記録出来るデジタルレコーダーが必須です。

3.夜間には自動的に暗視機能が働くカメラを使用しましょう。また、不審者の侵入を知らせ警報を鳴らすパッシブセンサーやフラッシュライト等を併用するとさらに効果が上がります。

4.夜間に侵入者があった場合に動きを感知してメールで異常を知らせる設定をしておくと安心です。